パソコンを扱うという事

プログラミング教室において、初めてパソコンを扱う、というお子さんが、少なからずいらっしゃいます。
小学校、中学校の分散登校、リモートでの授業においては、ご家庭で、一人でモバイル端末やPCを起動させ、準備する、という機会も、今後増えていくのではないでしょうか?
そういったことも見越して、ピタゴラミン甲府駅前校では、教室の前に、生徒自らが端末の立ち上げをして、自分で準備をしてみる、という事も実施しています。
そして、「クリック」「ドラッグ」「ドロップ」など、正しい用語を使用して、それが子どもたちのスタンダードになっていくように接しています。
プログラミングの教材の活用だけでなく、日常からITを身近にし、自分で解決していくことができるよう、指導を行っています。
楽しみながら学び、そのマナビを自分のものとして日常に置き換えていく、そのような教育を目指しています。