みなさま、こんにちは!

「みんなで心をあわしましょう!!」でお馴染みのピタゴラミン静岡校塾長のあわしまです!

8月になり、ついにピタゴラミン静岡校がオープンいたしました。パチパチパチ〜っ!

東北を中心に全国にじわじわ広がっているピタゴラミンですが、静岡では初開校になります!

 プログラミングは教育のツールとしてだんだん認知されてきてはいますが、まだまだ「プログラミングって何?!」って感じのお父様お母様は多いと思います。

 まして、プログラミングがなんだかわからなければ勉強してなんの役に立つかなんてちょっとわかりませんよね。

 今日は、「プログラミングを学ぶとどんな良いことがあるの?」ということについてお話したいと思います。

 この記事は

 「プログラミングって何?」

 「プログラミング教育って何をするの?」

 「プログラミング教育の良さとは?!」

 の3本立てです!

プログラミングって何?

 10数年前にiPhoneが登場して以来、スマホやインターネット、SNSのサービスによってものすごい勢いで世の中が変化したのは皆さまも感じていると思います。

 スマホの良さは、さまざまな機能を「アプリ」として後から自由に追加できることですよね。インターネットを介して誰でも手軽に、手元に最新のアプリをインストール(追加すること)して楽しむことができます。

 最近では、こういったアプリを開発したり運用することがありとあらゆる仕事に広がっています。このアプリの開発をする時に必要なことが「プログラミング」です。

 そして!

 こういったアプリの開発などのITスキル(スマホやインターネット、プログラミングを使いこなすこと)の重要性と人材の育成のために、学校教育にプログラミング学習が導入されたのです。

プログラミング教育って何をするの?

 プログラミングの学習をすると聞くとなんだか難しく聞こえませんか?

英語の関数や変数の意味を覚えて、プログラミング言語を打っていく(これをコーディングと言います)を想像するかもしれません。

 しかし、大事なのはそういった「技術」ではありません。

 たとえばお子さまが「ゲームを作りたい」と思ったときの頭の中を覗いてみましょう。

 頭の中では、カッコいいキャラクターがいきいきと動いたり、手強いモンスターを倒して勝利するシーンかも知れませんね。

 あるいは、面白くて楽しいルールを思いついて、そんなゲームを囲んでみんなでわいわい盛り上がりながらやるシーンかも知れません。

 はたまた感動するストーリー、壮大な物語を思い描いているのかも知れません。

 それを実現するためには、アイデアをひとつひとつ整理して、細かいステップに分解する必要があります。どんなキャラクターが出てくる?どんなルールでやる?どんな仕組みを作る?

 そして分解して細かく分けたアイデアを、完成に向けて組み立てる必要がありますね。どの仕組みが先で、その次はどんな風に動いて…。そうして作品やゲームは生み出されていきます。

 今言ったような、「アイデアを細かいステップに分けて組み立てる」ことを「プログラミング的思考」という風に言います。

 プログラミング教育というのは、まさに「ものづくりの教育」と言えるかも知れません。

プログラミング教育の良さとは?

 上記のように、プログラミングを学習することで

「アイデアを形にするために、考えを整理して、分解して、思い通りに動くように組み立てる」

 という力が身につくんです。

 プログラミングの良さについて、あえて説明するまでもないと思います。

この力やスキルって将来、どんな仕事についても役に立つと思いませんか??

ピタゴラミンでは楽しみながらプログラミングを学習できます。

 ピタゴラミンでは上記のような大事なスキルや能力、そして粘り強く考える力を、ゲームで遊ぶような感覚で身につけることができます。

 Scratch、Springin’、Code Monkey、TinkerCADなどのさまざまコースがあり、想像力を発揮して自分の世界を創造できるツールに溢れています。

 「ここをこうしたらどうなるだろう!?」と試行錯誤するときのワクワクするような感覚は

  まるで冒険しているような気持ちになるはずです!!

 まずは無料体験にお越しください!きっとお子さまにぴったりのツールが見つかります。

 ここまで記事を読んでくれてありがとうございます!!笑

 みなさまにお会いできるのを楽しみにしております!!

静岡校 塾長 粟嶋(あわしま)